ヨガインストラクターが教える 人気のヨガの種類と選び方

初めにヨガに興味を持った時、まずはどれから始めればいいのか分からない、ちょっと調べたけど聞き慣れない名前のヨガばかりで正直よく分からない。そんな思いをした方も多いのではないでしょうか?

ここでは、日本ヨガ連盟公式インストラクターの私が、難しい話は少し横に置いておき、初心者の方がどうやってヨガの種類を選べば良いか、現在人気のあるヨガはどれなのか、分かりやすく解説していきます。

ヒトミ

流派とかそういう事は知らなくたってヨガはすぐにでも始められます!そして、あなたがヨガに興味を持ったのはなぜですか?ダイエットしたい、キレイな体になりたい、みんながやってるから何となく、どんな形だってOKなんです。ただ、目的に合ったヨガを選ぶのは長く続ける上でも大切なので、まずは自分の目的を整理していきましょう

目的に合わせたヨガの種類の選び方

まずはヨガを知ってみたい

特に大きな目的があるわけじゃないけど、まずはヨガを体験してみたい。そんな人には「ハタヨガ」とも呼ばれる一般的な「常温で行うヨガ」がオススメです。

どんなヨガにも共通する「呼吸法」、体を「ねじる」「伸ばす」「開く」といったヨガの基本的な動作を通じて、ヨガがどういうものか、自分の体がどうなっているのか、ということを知ることが出来る第一歩目になります。

ヒトミ

人気のホットヨガやパワーヨガは完全な初心者の方には少しカラダへの負担が強めなんです。完全な初心者の場合、いきなり強度が高いヨガをやるとシンドくなって続けられない人もいますから、一番最初は常温ヨガからスタートして、ヨガの基本的な動作を知っていくのがベスト。慣れてきたら次のステップへと進むのがオススメです。

ヨガを通じて気持ち良くなりたい

ヨガをして爽快感やリフレッシュ感を得たい!汗を流してスッキリしたい!そんなメンタルのリフレッシュ感を求めている方には『ホットヨガ』がオススメです。

ホットヨガは、室温約40度・湿度約60%という高温多湿の中で行うヨガで、ヨガの動作は激しくないものの、しっかりと汗を流すことでカラダの代謝力を高めていき、日常生活では得られないリフレッシュ感を味わうことができます。

ホットヨガの中にも様々なプログラムがありますが、まずは運動量の少ないビギナーヨガやリラックスヨガから始めるのがベストです。

ただ、一つ注意したいのはホットヨガは直接的にダイエットにはつながらないというところです。

ヒトミ

よく誤解されがちだけど、汗を流すこと自体は脂肪の燃焼にはそれほど繋がりません。ダイエットが目的なら、よりアクティブに体を動かす必要があるんだけど、ビギナー向けのホットヨガのメニューは「ゆっくりじっくり」が基本だから、ホットヨガは気持良くなることがメイン。勿論慣れてきたらホットヨガの中でもアクティブなプログラムを選択すればいいんだけど、初心者の方がいきなりそれは少し強度が高いと思うから無理しないように気をつけてくださいね

ダイエットが目的

とにかく痩せたい!が目的の場合、ヨガの種類というよりも通うヨガスタジオとプログラム内容の方が大切になってきます。

痩せる為には脂肪を燃焼させる有酸素運動を行うことと食事内容を考えることが必要になってきますが、一般的な初心者向けのヨガではそこまでの運動量は得られません。

ダイエットという明確な目的があるならば、『パーソナルレッスンのあるヨガスタジオ』で食事も含めた厳格な管理を行うか、もう少し強度が低いタイプとして暗闇ヨガなどのフィットネスに近いものがオススメです。

ヒトミ

明確にダイエットが目的!という人の場合、本当のことを言えばヨガよりもライザップのようなパーソナルジムの方がオススメなんです。でも、値段のこともあるし負荷の強いものはちょっと、という人もいますよね。ヨガを通じてダイエットをするなら、「運動量の多さ」を意識して、自分の出来る範囲でプログラムの強度を少しづつあげていくのが良いですよ

エンタメ性抜群!池袋の暗闇フィットネス【VIVANA】とは?

ヒーリング(癒し)が目的

日頃から何かと疲れていて、ヨガはしたいけどシンドイ・ツライは苦手。癒しを求めている。そんな方にオススメしたいヨガは『フローティングヨガ』です。

テレビなどでも紹介されて話題になりましたが、フローティングヨガは天井から吊るされた布を使ったヨガで、これは基本的なヨガの流派というより少しレクリエーションに近いテイストになっています。

ハンモック的な“浮遊感”と包み込まれる安心感が病みつきになる、ということで非常に人気が出たヨガで、心のデトックスには最適ですね。

ヒトミ

フローティングヨガはやれるヨガスタジオが限られているのが少し難点。近くに無い場合には『リラックスヨガ』や『常温ヨガ』など、運動量が少なく呼吸法とストレッチがメインになるようなプログラムを選ぶのがオススメですね

理想のボディラインを作りたい

ヒップラインや足のラインをキレイにしたり、二の腕を引き締めたい、などボディラインを整えることを目的とする場合、オススメしたいのは『パワーヨガ』と『エクササイズ系プログラム』の組み合わせです。

ボディラインを作る為には脂肪を減らす・筋力をつけるという二つのポイントが大事で、パワーヨガはもってこいです。

ただし、パワーヨガは体への負荷は強めなので、毎日やるようなものでもありません。そこで、『フィットネス要素の強いヨガ』でしっかり脂肪を燃やすこととセットで進めていくのがオススメです。

ヒトミ

筋力が弱めな女性の場合、いきなりパワーヨガというのは少しハードルが高いかもしれません。ヨガスタジオによっては負荷の弱い初心者向けのパワーヨガプログラムもあったりしますので、みなさんのカラダの状態に合わせて上手にプログラムを組み合わせていきましょう

マタニティヨガ・ママヨガは初めてでも大丈夫?

妊娠されて、もしくは子供が生まれた後にマタニティヨガ・ママヨガが良いって話を聞いたんだけど初心者でも大丈夫……?

そんな心配はいりません。マタニティヨガ、ママヨガはこれまで紹介したヨガの中でも最も体への負担が少ないヨガの一つです。何かと体がツライ妊娠期・出産後に、ココロと赤ちゃんを繋げて、癒し・リラックス・心を前向きにする、そんなことを目的に行われるヨガです。

これまでヨガをやっていた人でも妊娠期や出産後に従来の様なヨガが出来るわけではありませんし、マタニティヨガ・ママヨガにヨガの経験は必要ありません。

ヒトミ

二児の母である私も妊娠期にはマタニティヨガをやっていました。心とカラダを休めて、赤ちゃんとの繋がりを感じられる「その時にしか体験できない」特別なヨガ体験になったと思います。是非皆さんにも経験して欲しいと思います

人気のヨガの種類は??

現在では、ヨガと言えば「ホットヨガ」というくらい、圧倒的に親しまれています。

ヨガスタジオの多くがホットヨガを取り入れていますが人気の理由は「爽快感」にあるのでしょう。

本来、ヨガは自分の心とカラダにしっかりと向き合うことを目的としていて、精神性や道徳観などの教えも含まれているものですが、そういった難しい事を抜きに手軽にやれることから非常に人気があります。


※画像はクリックで拡大

これは、大手ヨガスタジオLAVAのホットヨガのプログラムですが、ホットヨガだけでこれだけの種類があり、目的に合わせて選べるということもホットヨガが爆発的な人気となった理由です。

その他にも様々なヨガがありますが、私からお伝えしたいこととしては、『人気よりも大切なのは自身のココロとカラダと向き合うこと』です。

初心者の方にありがちなこととして、ポーズがうまくできるか不安、とかスタイルが良くないから恥ずかしい、といった話がありますが、ヨガは周囲と比べるものではありません。あくまでも自身のために行うもので周りは関係ないのです。

ヒトミ

〇〇が人気だから、といった形でヨガのプログラムを選ぶのは間違っています。是非ともあなたがヨガに何を求めているのか、そこからスタートして欲しいな、と思います。そして、私たちの様なインストラクターでも無ければ、ヨガの流派や種類を学ぶ必要も知らなければならない理由もありません。大切なのはあなたがやっていて心地よい気持ちになれるかです。まずは色々なヨガを体験してみて、その中から自分に合ったヨガを選ぶ、そんな風にヨガを楽しんでいってもらいたいな、と思います。

選択肢が多いヨガスタジオはやっぱりLAVA(ラバ)

さて、ここまで目的別にオススメのヨガの始め方・選び方を見てきましたが、では実際どこのヨガスタジオに行けばそれらが出来るのか。

それは、ヨガスタジオの最大手、LAVA(ラバ)でしょう。

ホットヨガやフローティングヨガのように専用のスタジオが無いと出来ないヨガが行えるのは勿論、大手の場合豊富な経験をフィードバックしたレッスン内容がマニュアル化されていることもあり、初心者から上級者まで、幅広く対応できるのも強みです。

スタジオ数が多く、通勤・通学時や自宅の近くからすぐに行ける店舗数の多さでもLAVA(ラバ)は群を抜いています。

また、もう一つお伝えしたいポイントとして、ヨガはインストラクターとの相性も非常に大事です。

どんなに良いプログラムや良い効果のあるヨガであっても、教えるのも教わるのも人間である以上、どうしてもインストラクターによって進め方やレッスンの空気感の合う・合わないがあります。

ヨガスタジオは、入会してから月間で4回、もしくは通い放題、といったコースを定額制で入る形が主流ですが、入会したはいいもののお気に入りのインストラクターがいない、良いインストラクターさんがいたけど辞めてしまった、なんて場合にスタジオをころころ変えるわけにもいきません。

しかし、LAVA(ラバ)では、多数のインストラクターが在籍していることから、『自分に合うインストラクターと出会える』、その選択肢が多い、というのは小さなヨガスタジオには無い圧倒的な魅力でしょう。

ヒトミ

私のように日本ヨガ連盟に所属しながら、個人で活動しているインストラクターからすると、少々悔しいところもあるのですが、やっぱりLAVA(ラバ)の豊富なプログラムは魅力的です。また、インストラクターにもやっぱり良し悪しがありますから、選択肢は多いにこしたことはありませんね。ちなみに、インストラクターの良し悪しってどうやって見極めればいいのか?については下記ページで解説していますので、そちらも参考にされてみて下さい

ヨガのインストラクターはどんな人がいい?良し悪しの見極め方

初めてのヨガ体験 服装マナーはあるの?どんな服を着ていけば?